アロマヨガで使用するアロマのこだわり

 私がアロマヨガで使用するアロマはこだわっています。

直接塗布も安全ですので、手のひらに一滴を落として両手のひらで合わせて深呼吸ををしていただいています。

巷にはたくさんのアロマが出回っています。

👉雑貨アロマではないエッセンシャルオイルを選んでいます。

化粧品、もしくは食品添加物扱いなのはご存知だと思います。

全てのエッセンシャルオイルはどの農場で作られているか開示してあります。

そしてそれは農場ですから作物(植物)の豊作、不作は天候により左右されます。豊作であっても厳しいプロセスを経たものだけが出荷されて私らの手元に届くわけです。基準に満たないものは会社が廃棄しています。

不作になって基準に合うオイルは当然数が少なくなるわけですよね。

よって在庫切れがおきます。

 

👉では、大手化粧品会社の香水、化粧品、サプリなどはどうして欠品がないのでしょうか?まず、その会社が株式会社だったりすると、株主の為に説明責任がありますので安定した収益を上げなくてはいけないわけです。

 

👉安定した製品供給の為にその香りになる為に合成したり薄めたりすることが必要になります。

 

どちらを選びますか?

 

【私がエッセンシャルオイルをどう選ぶか】

 種の選定から製品化までの品質管理 

土、いわゆる農場選定が安心なものを選びます。

 

👉土壌

   ·     過去20年に石油系の工場が建っていないこと(オーガニック選定は過去2年でOKですが、それでは  満足できないという理由で)

   ·     周りに道路がないこと(車の排気ガスは植物の気を吸う)

   ·     上空を飛行機が飛ばないこと(飛行機もいろんなものを排出している)

   ·     騒音がないこと

   ·     湧き水が毎分4リットル出る場所であること(なければ掘って池を作る)

 

👉栽培

   ·     種の選定 前年できたもの 

   ·     除草・害虫排除にはエッセンシャルオイルを使用

   ·     働く人は楽しい人で健康な人を採用(植物がうつ病の人の気を吸うから)

 

 

👉蒸溜 

   ·     高温度ではなく低温抽出法 ものにより3日かけて蒸溜 

   ·     ステンレスとガラスの中で作る

 

👉検査

   ·     基準に満たないものはすべて廃棄 1割出荷 9割破棄の時もあるそうです。

 

👉製品化

  ·     各農場で製品化を行う

  ·     品質基準に満たないものは廃棄。9割廃棄1割出荷される。

 

 

【実話】

ハワイ島にコナという場所があり、そこにロイヤル・ハワイアンサンダルウッド農場があります。見学に行くことができ実際見てきた感想をお伝え申し上げます。

 

もともと、ハワイ島ではサンダルウッドが自生していて、その価値は金より高かったんです。しかしハワイに各地からの人がやってきて商売を始めた時に

金の価値がサンダルウッドより上がってしまいました。

 

もともとサンダルウッドは寺院の香りで有名で、いわゆる白檀です。

自分の目で確かめてきましたが、枯れ木を伐採します。平均50歳くらいで切ります。(人間で良かったw)それを細かいチップにするまで大変な作業です。

で、42度でチップに水蒸気を当て蒸留。で冷やして油が上にたまる。

 

で、さらに3日かけてまた42度のお風呂に入れて完全に油と水を分離するんですよ! 誰も今からサンダルウッド作ろうと思えないですよね、コストかかりすぎですもん。で、沢山製品を作れないでしょ、こんなにゆっくりしてたら。w

それが、なぜ?

 

低温にしないとサンダルウッドの大切な成分がなくなってしまうんです!

その成分はエイジングケアに良い、細胞修復の成分。

植物は自分で身を守る特質があります。それを大量生産して高い温度でやったら

香りは少し合成して作ることができても、中身はないですよね。

 

👉体に入れるものならどちらを選びますか?

 

まがいものより本物を選んでますね。

だから子供から犬、猫ちゃんにも安心なんですよね。

香りだけではなく、実際の成分があるエッセンシャルオイル、大まかにはアロマを

選んでいきましょう。鼻から吸って、3秒で脳に入り脊髄に入ります

脳は大脳辺縁系を通り、視床下部にいきます。

大脳辺縁系は感情を司る場所、視床下部はホルモンを司る場所です。

そのあと自律神経を司る場所である脊髄にいきます。

もしかして、あなたの不調、鬱っぽいのは合成香料のせいかも?

 

私たちは死ぬまで呼吸をする運命にあります。

呼吸を大切に。呼吸をするために質の良いアロマ・エッセンシャルオイルを使っていきたいと思います。

 

 

Write a comment

Comments: 0