マインドフルネス瞑想入門ワークショップに参加してきました

マインドフルネス瞑想入門

アウェアネスとアクセプタンスのワークショップに参加してきました。

講演の方は鎌倉にある臨済宗建長派 林香寺住職であり、精神科専門医である川野泰周さん。

 

マインドフルネスって何?

 

「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」

(日本マインドフルネス学会)

 

Mindfulness means paying attention in a particular way: on purpose, in the present moment, and nonjudgmentally.

( Jon Kaba-t-Zinn PhD、マインドフルネス・ストレス低減法(MBSR考案者)

 

 

川野さんは以下のように捉えられています。

❶「健やかに生きる為の智慧」

❷「思い遣りと慈しみの科学」であり ❸「禅」である。 と。

 

Wellbeing の為に。生きるスタンスがMindful…

❷自分利があってこそ、利他がある。

自分を慈しむ自慈心 Self-compassion に注目されていて

それは 自尊心Self-esteemとのバランスが肝要であると。

自尊心Self-esteemは人からの評価によってできるけど、人からの批判で傷つく。

自慈心はSelf-compassion は人からの視点なしで、自己の

本分次第。よって人からの評価では揺らがない!

セルフ•コンパッションって何!? 

日本人は他の国と比べ相対的に低いと言うこ自慈心を育む3要素をKristin Neff, Ph.D.先生は以下に示しています。(クリスティーン・ネフ(2014)「セルフ・コンパッション」(石村郁夫・樫村正美訳)金剛出版より

 

❶自分への優しさ 

·     大切な人にそうするように、自らを励まし、理解し、優しくする。

❷当たり前の人間感

·     人間は誰でも不完全な存在で、

欠点を持っていると意識する。

❸マインドフルネス

·     今ここで、この瞬間に感じる物事を価値判断せずに受け入れる。

 

自分を慈しむ瞑想をお勧めになっていて、

私たちは失敗した時や、自分の欠点に気づいた時に苦痛を感じるが、生じた心の痛みは苦しみよりも、失敗自体に注目する傾向がある。

しかも、その瞬間、私たちの注意の全てがその欠点に向けられている。

 

「今感じているその苦しみに気づ く」ことが自分への慈しみの念を持つきっかけになる。

Seflf Compassion Scale (SCS) で

私がどれだけ自慈心があるか

テストしてみて川野さんに

結果を診てもらいました。

 

尺度の項目は

❶自分への優しさ

❷自己批判

❸共通の人間性

❹孤独感

❺マインドフルネスう

❻過剰同一化

です。

 

「自分への優しさ」の点数が低く、「過剰同一化」の点数が高いのが目立っているようです。自分への優しさを涵養するためには、ネフ博士の提唱するセルフコンパッションを育むためのポイントの一つ「大切な人が悩んでいるときにかけてあげる言葉をイメージし、それを自分自身にもかけてあげるトレーニング」がお勧めできます。また過剰同一化とは、あるネガティブな感情を抱いたときに、その感情に入り込みすぎてしまい、自分が見えなくなってしまいやすい傾向を示唆しています。これを軽くしてゆくためには「メタ認知」といって、客観的ンい自分を観察する視点を養うことが大切です。具体的には何かで悩んだり焦ったり、怒ったりした際、「あ、今あのことで心が苦しくなっている(or怒っているor焦っているetc...)な」と頭の中で言葉にしてみることで、少しずつメタ認知が養われてゆくことが期待されます。

また、こうした特定のワーク以外にも、日々のマインドフルネス実践を通して、セルフコンパッションの全ての項目がポジティブな方向へ変化することが知られています。

どうぞ生活の中にマインドフルネスを取り入れていただければ幸いに存じます。

 

おおー私は自分に厳しかった!

日本で義務教育を受け、名古屋と言う

典型的な保守的な文化背景で育っていたからでしょうか??

 

そして、落ち込んだら、どんどん落ち込んでしまう傾向に!

 

生活の中にマインドフルネスを。

 

マインドがFULLではなく、 マインドフルということですね

英語で

Mind FULLは、頭の中がいろんなことでイッパイ。

Mindfulは、目の前のことを集中して

いいとか悪いとかでなく、自分の心の状態に気づいて(アウェア)受け止め得る(アクセプト)

そろそろわたしにも

瞑想を毎日する時がやってきました。

一緒にヨガと瞑想していきませんか?笑

 


Write a comment

Comments: 0